問合せ先はすべて海外です。
KDDテレサーブ(8ヶ国語電話通訳)の申込みは
TEL 03-3347-9222 (月〜金 9:00〜21:00 9:00〜14:00)


<5月にItaryに来るあなたへ


*photo アルノ川

 今年はイタリアは4月も中旬過ぎても寒い日が続き、この頃になってようやく過ごしやすい陽気になってきました。

 さて、5月にイタリアへ来るなら、 Maggio Musicale Fiorentino(フィレンツェ5月音楽祭)をのぞかないのは損です。この音楽祭では、質の高いオペラ上演が期待できると思います。今年はなぜか、イタリアものが1つ、それもちょっとマイナーなのが残念なのですが、ともかくプログラムをご紹介しましょう。

・ショスタコーヴィッチ「ムツェンスク郡のマクベス夫人」
  4/21,24,26,29, 5/2

・ロッシーニ「オリィイ伯爵」
  5/15,17,21,23,27,28,30

中でもおすすめは、音楽監督に Zubin Mehta を迎えた
・ベルク「ボツェック」
  5/26,29, 6/1,3,5,8

管弦楽では、Seiji Ozawa / Mito Orchestra ? 6/7 などもあります。

予約・Infomationeは:
 Biglietteria Teatro Comunale
  Tel +39 - 55 - 21158 or 213535
 Box Office
  Tel +39 - 55 - 210804
 ホームページ: http://www.maggiofiorentino.com/
 E-Mail: teatro.comunale@infogroup.it


 Bigliotteria Teatro Comunale は、Teatro Comunale のすぐ隣にあって、開演前の当日券うりも扱っています。予約の面倒な人は、その日の気分次第で早めに行って当日券を買うのも手だと思います。
 
 そうそう、どうせ Firenze に寄るのでしたら、ピッティ宮殿にもどうぞ足を伸ばしてください。ウフィッツィ美術館に劣らず、素晴らしいのです。ウフィッツィは入館するのに長蛇の列で1〜2時間待たされるのが普通ですが、ここは割とすんなり入ることができるでしょう。場所は Ponte Vecchio を渡ってすぐです。
 この宮殿は、その昔、モーツァルト父子がトスカーナ大公レオポルトに謁見したことでも有名ですね。これだけでも音楽ファンにはたまりませんが、内部にある美術館もまた、素晴らしいものなのです。そしてお天気がよかったら、気晴らしに、そこの“ボーボリ庭園”を散策されるのも素敵なアイデアです。

 


著者 Chiharu