1997 8月23日(土)付け NAZIONEより

あの偉大なパヴァロッティ、小切手を書いて「トゥーランドット」を歌う


*クリスティーナは彼の娘さんです
 ルチアーノ・パヴァロッティがシエナでプッチーニの《トゥーランドット》から幾つかのフレーズを歌った。といっても今秋はいつものステージとは違う。シエナの銀行、モンテ・デ・パスキ・ディ・シエナのコマーシャルに出演することになったのだ。

 撮影の間、映写機の影に隠れて、羨望のニコレッタ嬢はすべてが順調に進んでいるか確認している、親切なアシスタントだ。いつでも彼ののどを潤せるように、ぬるま湯の入った魔法瓶を手にしている。
 シエナの祭、パリオの日には、彼はプライベートな理由でペーザロの街にいた。ニコレッタ嬢と一緒に生活を始めることになっている新居の準備のためだ。

 彼の偉大な《情熱》、そして彼の辞書の基本的要素であるamore(愛)という言葉について彼に質問した。

「・・僕の好きなオペラ? ラ・ボエーム、あのドラマ。あの若者の情熱的な愛の追求。それから、愛の成就を示す愛の妙薬。そして仮面舞踏会。情熱の勝利。そしてやはり愛の成就。・・」とパヴァロッティ。





著者 渡辺 智春