とくに出典の記述のない記事は、「ハンブルガー・アーベントブラット」紙 www.abendblatt.de からの引用です。

≪ヨーロッパ第2の歌劇場が誕生≫


 保養地として有名なバーデン・バーデン(バーデン・ヴュルテンベルク州)に、突如としてドイツ最大の、ヨーロッパでは第2の規模を持つ歌劇場が誕生した。しかもこれは州立のものではなく、私企業が管理、運営する初めてのオペラ座。

 4月18日に内外の一流演奏家を集めて、華々しくそのこけら落としが行われた。バーデン・バーデンは、温泉とカジノの町として有名で、250年前から保養地として栄えてきた。これからはドイツでももっとも多い客席数を誇るオペラ座の町としても歴史を作っていくのだろう。

 贅沢に作られた座席は幅広くて、心地よく、1万5000マルク(約120万円)の定期券を買うことの出来る人だけが座れる豪華なキングサイズのシートは、300席に限られている。
 舞台の面積はなんと1000平方メートル。総座席数は2500席。この座席数を凌駕するのはわずかにパリのバスティーユ・オペラだけ。このネオ・クラシック様式の建物自体は、1892年に建てられた古い中央駅舎を改造した物。オペラが催されるザールは、かつてウィーン・パリ間を結んだ豪華サロン列車が停車した「一番線」だったところに作られたという。

 こけら落としと、聖霊降臨祭の祝祭週間のプログラムは下記を参照。近年の健康保険や制度の改革で、温泉保養地(クア)としての収入が望み薄くなってきたバーデン・バーデンに、大きな経済的効果が期待されているが、最大のライバルの一人である、ザルツブルク祝祭週間の責任者ジェラルド・モルティエ氏は「ただ単に経済的な理由で誕生したオペラ座」と皮肉っている。
 確かに、バーデン・バーデン市とバーデン・ヴュルテンベルク州も様々な形で運営費の援助や、税の優遇処置を講じる予定。2020年には市が歌劇場を3800万マルクで引き取るとも言われている。


オープン記念コンサート

18.04.-20.04.98 Sa-Mo
World Orchestra for Peace (Gergiev), Tschech. Philharmonie
(Ashkenazy)

20.04.-22.04.98 Mo-Mi
Bamberger Symphoniker (Sanderling), National Youth   Orchestra
(Gardiner)

Karajan-Pfingstfestspiele

29.05-31.05.98 Fr-So
Wiener Philharmoniker (Ozawa), Soloabend Anne-Sophie Mutter

31.05.-03.06.98 So-Mi
Soloabend Anne-Sophie Mutter, Liederabend Barbara Hendricks

03.06.-05.06.98 Mi-Fr
Klavierabend Krystian Zimmerman

Festspiele Baden-Baden

05.06-08.06.98 Fr-Mo
Opera House Covent Garden: La Traviata (N.N.), gypt. Helena
(Thielemann)

08.06.-l0.06.98 Mo-Mi
Opera House Covent Garden: I Masnadieri (Downes), La Traviata
(N.N.)

10.06.-12.06.98 Mi-Fr
Opera House Covent Garden: La Traviata (Augin), I Masnadieri
(Downes)

12.06.-14.06.98 Fr-So
Opera House Covent Garden: La Traviata (N.N.), I Masnadieri
(Downes)

14.06.-16.06.98 So-Di
SWF-Sinfonieorchester (Gielen, Mullova)

22.06.-24.06.98 Mo-Mi
Wiener Kammerensemble Falstaff (Gardiner)

24.06.-26.06.98 Mi-Fr
Fatstaff (Gardiner)

26.06.-29.06.98 Fr-Mo
Falstaff (Gardiner), Messa da Requiem (Gardiner)

29.06.-02.07.98 Mo-Do
Liederabend Cecilia Bartoli, Radio-Sinfonieorchester Stuttgart
(Giulini, Maisky)

02.07.-05.07.98 Do-So
Hamburger Ballett (Neumeier)

05.07.-08.07.98 So-Di
Hamburger Ballett (Neumeier)/Soloabend Jessye Norman

Russische Wochen Baden-Baden

14.08.-17.08.98 Fr-Mo
Soloabend Daniel Barenboim, Marinsky-Theater: Pique Dame
(Gergiev)

17.08.-19.08.98 Mo-Mi
Marinsky-Theater: Pique Dame, Sinfoniekonzert (Gergiev)

19.08.-21.08.98 Mi-Fr
Marinsky-Theater: Der Spieler, Pique Dame (Gergiev)

21.08.-23.08.98 Fr-So
Marinsky-Theater: Der Spieler (Gergiev)

23.08.-25.08.98 So-Di
Marinsky-Theater: Der Spieler, Pique Dame (Gergiev),
Kammerkonzert-Matinee

25.08.-28.08.98 Di-Fr
Marinsky-Theater: Sinfoniekonzert (Gergiev), Klavierabend Alfred
Brendel

28.08.-31.08.98 Fr-Mo
Tschaikowsky-Symphonieorchester Moskau (Fedosejev)

04.09.-06.09.98 Fr-So
Jerusalem-Quartett, Liederabend Jochen Kowalski

06.09.-10.09.98 So-Do
Chicago Symphonie Orchestra (Barenboim)

著者 Cantano