とくに出典の記述のない記事は、「ハンブルガー・アーベントブラット」紙 www.abendblatt.de からの引用です。


《アバド 軽い発作を起こす》

98年7月13日 ハンブルガー・アーベントブラット


 ベルリン・フィルの指揮者、クラウディオ・アバードが演奏旅行先のAix-en-Provenceで「ドン・ジョバンニ」を指揮した後、午前1時にレストランで食事をとろうとしたとき軽い発作に見舞われ、一時脱力状態になった。
65歳のマエストロはしかし、すぐに元気を回復した。健康が心配されるが、7月16日には「ドン・ジョバンニ」の再演が早くも待っている。



《バッハ・コンクール 日本人女性が優勝》
98年7月13日 ハンブルガー・アーベントブラット


 第11回ライプツィヒ国際バッハ・コンクールで、Motojima Asakoさんが女声の一位に輝いた。
男声一位はハンブルク音楽大学のテノールのJan Kobow さん(31)。
彼らには賞金1万2000マルクが贈られた。

<他の優勝者>
チェロ Emil Rovner ロシア
ピアノ 一位なし、二位 Ragna Schirmer ドイツ

おめでとうございます。テノールのJan君とは,実は7/13、ハンブルクのオペラで共演する。安定したなかなか良い声の持ち主だ。ちょっとくやしいがおめでとうを言わねば・・・。


著者 Cantano