第3回

(97年3月8日までの情報ソースから。英語以外の欧語固有の文字は表記できないので、文中では簡略表記しています。また日本で一般的でない固有名詞や、発音の難しい単語などは原語 表記しています。ご了承ください。)


  続報《ウィーンフィルついに女性採用を決定》---Hamburger Abendblatt紙2月28日

 前号で、155年の伝統を持つウィーンフィルがいよいよ女性を採用するとお伝えしたが、この度正式に女性楽団員第1号が生まれた。150人のウィーンフィル男性楽団員の輪に迎えられたのは、ハープ奏者のアンナ・レルケスさんで、優れた男性ハープ奏者の不足のために、実はすでに1974年から国立歌劇場と、ウィーンフィルで弾いていた。今回、2月27日木曜日の全体会議の後、レルケスさんは「正式に」ウィーンフィルの団員となったもの。さらなる女性の採用はしばらく先まではない。
(注:ウィーンフィルに迎えられるためには、最低3年間国立歌劇場での演奏が義務づけられているため。)

 《ベルリンの3つのオペラハウス存続!》
 《3つのオペラハウスがすべて東京へ!》 ---Hamburger Abendblatt紙2月11、12、19日

 ベルリンは近い将来再びドイツの首都になるのだが、そのプロセスも莫大な経費のために遅れがち。オフィス需要も頭打ちで、借り手のつかないビルやフロアがだぶついているという。そのベルリンに3つのオペラハウスがあるのは容易に想像できるように、きわめてコストのかかることである。もっともオペラファンにはたまらないだろうが・・・。この度ベルリン州の文化大臣ラドゥンスキー氏は、ウンター・デン・リンデンの国立歌劇場(旧東)ベルリン・コーミッシェ・オペラ(旧東)、そしてシャルロッテンブルクのドイツ・オペラ(旧西)の将来にわたる存続を約束した。ベルリンは1997年度にこの3つのオペラ座を維持するために180億円の予算を計上したが、これは「ドイツとヨーロッパのどの都市よりも多い」。

 ただし、同時にラドゥンスキー氏が発表した3つのオペラ座の将来の役割分担や、芸術的質の維持方法については、有名なオペラハウスの総支配人たちから一斉に酷評されている。同氏のプランは紙上では良く説明されていないが、ドイツ・オペラのゲッツ・フリードリッヒ氏とウンター・デン・リンデン・オペラのゲオルク・クヴァンダー氏は「ウンター・デン・リンデンを『代表的』なものに、ドイツ・オペラを『現代的』なオペラ座に分化するものだ」として強く反対している。この構造変革プランを見たザルツブルク音楽祭の責任者モルティエ氏「ベルリンのオペラ座は、男が逃げたがっている年老いた妾のようなものになる」などとこきおとしている。いずれにしてもゲッツ・フリードリッヒ氏が2001年までその契約を更新したので、事態はそれほど深刻ではないのかもしれない。

 2月19日のハンブルガー・アーベントブラット紙では、ゲッツ・フリードリッヒ氏が東京で発表した公演計画を報じている。同氏は東京でもオペラ座の存続に関して「戦って、戦って、戦い抜く」と断言している。フリードリッヒ氏の今回の発表により、今年の11月から来年の5月にかけてベルリンの3つのオペラが全て東京に来ることになった。これは、ベルリンという都市の文化が海外で紹介される今までの催し物の中で、歴史的に最大の規模だという。

 ベルリンは現在急ピッチで都市再開発が進められており、「世界最大の工事現場」と言われている。実際観光に行くには現在は少々不適かもしれないが、東京でその全てのオペラに接することができるのは喜ばしいことだ。願わくば、料金をせめてドイツにおける料金の2倍程度に抑えていただけると良いのだが、4倍も難しいか・・・。



《ウィーン国立歌劇場》




〔4月〕
日付  演目

Thusday,  バラの騎士/ R.シュトラウス
01.04.97

Wednesday,  Ballett: Wiener Abend:La Valse (NE), Balanchine/van Manen/
02.04.97  Grosse Fuge Zanella-Ravel/Beethoven/Strauss Rhodes
 (NE), Alles Walzer

Thursday,  フィガロの結婚
03.04.97

Friday,  さまよえるオランダ人
04.04.97
     
Saturday, Ballett: Wiener Abend:La Valse (NE), Balanchine/van Manen/
05.04.97  Grosse Fuge Zanella-Ravel/Beethoven/Strauァ Rhodes
 (NE), Alles Walzer

Sunday,  魔笛
06.04.97

Monday,  エフゲニ・オネーギン/チャイコフスキー
07.04.97

Thusday,  Ballett:Wiener Abend:La Valse (NE), Balanchine/van Manen/
08.04.97  Grosse Fuge Zanella-Ravel/Beethoven/Strauァ Rhodes
Alles Walzer

Wednesday, さまよえるオランダ人
09.04.97

Thursday, セヴィリアの理髪師
10.04.97

Friday,  エフゲニ・オネーギン/チャイコフスキー
11.04.97

Saturday,  Ballett:Wiener Abend:La Valse (NE), Balanchine/van Manen/
12.04.97  Grosse Fuge Zanella-Ravel/Beethoven/Strauァ Rhodes(NE),
Alles Walzer

Sunday,
13.04.97  ローエングリン

Monday,
14.04.97  椿姫

Thusday,  エフゲニ・オネーギン/チャイコフスキー
15.04.97

Wednesday,
16.04.97  ローエングリン

Thursday,
17.04.97  エロディアード/マスネ        カレーラス、バルツァ他

Friday,
18.04.97  椿姫

Saturday,
19.04.97  エフゲニ・オネーギン/チャイコフスキー

Sunday,
20.04.97  ローエングリン

Monday,
21.04.97  エロディアード/マスネ        カレーラス、バルツァ他

Thusday,
22.04.97  マノン/マスネ

Wednesday,
23.04.97  フィデリオ/ベートヴェン

Thursday,
24.04.97  ピーター・グライムズ/ブリテン

Friday,
25.04.97  エロディアード/マスネ        カレーラス、バルツァ他

Saturday,
26.04.97  マノン/マスネ

Sunday,
27.04.97  フィデリオ/ベートヴェン

Monday,
28.04.97  ピーター・グライムズ/ブリテン

Thusday,
29.04.97  マノン/マスネ

Wednesday,  バレエ/ロミオとジュリエット
30.04.97


〔5月〕
日付 演目

Thursday,  ホフマン物語/オッフェンバック
01.05.97

Friday,
02.05.97  ピーター・グライムズ/ブリテン

Saturday,  バレエ「ロミオとジュリエット」/プロコフフ
03.05.97

Sunday,  タンホイザー/ワーグナー
04.05.97

Monday,  ホフマン物語/オッフェンバック
05.05.97

Thusday,  Ballett: Black Angels
06.05.97  大地の歌/マーラー Zanella/MacMillan-Crumb

Wednesday,  魔笛/モーツァルト
07.05.97

Thursday,  タンホイザー/ワーグナー
08.05.97  マチネ:マーラー、ワーグナー他

Friday,  Ballett: Black Angels
09.05.97  大地の歌/マーラー Zanella/MacMillan-Crumb

Saturday,  エレクトラ/R シュトラウス
10.05.97

Sunday,  タンホイザー/ワーグナー
11.05.97  マチネ:マーラー、ワーグナー他

Monday,  ナクソス島のアリアドネ/R.シュトラウス
12.05.97

Thusday,  魔笛/モーツァルト
13.05.97

Wednesday,  エレクトラ/R シュトラウス
14.05.97

Thursday,  ナクソス島のアリアドネ/R.シュトラウス  グルベローヴァ他
15.05.97

Friday,  トゥーランドット/プッチーニ
16.05.97

Saturday,  エレクトラ/R シュトラウス
17.05.97

Sunday,  ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団演奏会
18.05.97  マーラー、交響曲第4番 指揮、ムーティ

Monday,  無口な女/ R シュトラウス
19.05.97

Thusday,  トゥーランドット/プッチーニ
20.05.97

Wednesday,  Ballett: Black Angels
21.05.97  大地の歌/マーラー Zanella/MacMillan-Crumb

Thursday,  無口な女/ R シュトラウス
22.05.97

Friday,  蝶々夫人/プッチーニ
23.05.97

Saturday,  トスカ/プッチーニ
24.05.97

Sunday,  マチネ、オテロ/ヴェルディ
25.05.97  オイディプス王/エネスコ

Monday,  愛の妙薬/ドニゼッティ
26.05.97

Thusday,  無口な女/ R シュトラウス
27.05.97

Wednesday,  オテロ/ヴェルディ
28.05.97

Thursday,  オイディプス王/エネスコ
29.05.97

Friday,  魔笛/モーツァルト
30.05.97

Saturday,  オテロ/ヴェルディ
31.05.97


〔6月〕
日付   演目

Sunday,  オイディプス王/エネスコ        リポプシェク他
01.06.97

Monday,  Ballett: Black Angels
02.06.97  大地の歌/マーラー Zanella/MacMillan-Crumb

Thusday,  ラインの黄金/ヴァーグナー       イェルーザレム他
03.06.97

Wednesday,  オイディプス王/エネスコ        リポプシェク他
04.06.97

Thursday,  ヴァルキューレ/ヴァーグナー
05.06.97

Friday,  魔笛/モーツァルト
06.06.97

Saturday,  トロヴァドーレ/ヴェルディ
07.06.97

Sunday,  オペラ座公開日、ボエーム/プッチーニ
08.06.97  10時から16時まで  (注)Tag der offenen Tuerという日のことです

Monday,  オイディプス王/エネスコ        リポプシェク他
09.06.97

Thusday,  トロヴァドーレ/ヴェルディ
10.06.97

Wednesday,  ジークフリート/ヴァーグナー      イェルーザレム他
11.06.97

Thursday,  オイディプス王/エネスコ        リポプシェク他
12.06.97

Friday,  ボエーム/プッチーニ
13.06.97

Saturday,  セヴィリアの理髪師/ロッシーニ
14.06.97

Sunday,  神々の黄昏/ヴァーグナー
15.06.97

Monday,  魔弾の射手/ヴェーバー
16.06.97

Thusday,  ドン・カルロ/ヴェルディ
17.06.97

Wednesday,  バレエ、ロミオとジュリエット/プロコフィエフ
18.06.97

Thursday,  魔弾の射手/ヴェーバー
19.06.97

Friday,  スティッフェリオ/ヴェルディ      カレーラス、ブルゾン他
20.06.97

Saturday,  ドン・カルロ/ヴェルディ
21.06.97

Sunday,  アイーダ/ヴェルディ
22.06.97

Monday,  スティッフェリオ/ヴェルディ      カレーラス、ブルゾン他
23.06.97

Thusday,  メフィストフェレ/ボイート
24.06.97

Wednesday,  バレエ、ロミオとジュリエット/プロコフィエフ
25.06.97

Thursday,  アイーダ/ヴェルディ
26.06.97

Friday,  メフィストフェレ/ボイート
27.06.97

Saturday,  スティッフェリオ/ヴェルディ      カレーラス、ブルゾン他
28.06.97

Sunday,  シーズン終了特別野外オペラ(オペラ座前)
29.06.97  アイーダ/ヴェルディ



  情報源について  日本で勉強されている方で、夏にヨーロッパに行って勉強してもいたいと考えていらっしゃる人は多いと思います。留学の準備や、語学研修をかねて、または終わってから旅行を楽しんだりと、夏期講習はいろいろな楽しみをもたらしてくれます。新しい友人をもつ貴重な機会でもありますね。でも、日本で紹介されるのは規模の大きい、有名な、しかも「高い」ものばかりなような気がします。もちろん代理店や仲介者がアレンジしてくれるのなら安心確実でしょうが、もう少し選択肢を広げてみたい方もいるでしょう。

 そういった人のために、よい情報誌をご紹介します。題名はTreffpunkt:Musikで、楽譜の出版で有名なSchott社から出ている、今年一年間の音楽に関する催し物一覧です。この中には、音楽祭、コンクール、ワークショップ、コンサート、会議、講習会などの情報が満載されています。最近私が入手したものは、1997年の3月から1998年8月までのもので、巻末に楽器ごと、そして興味あるジャンルごとに選べる索引がついています。コンクールや講習会については、このホームページにおいて目に付いたものをこまめにお知らせしていきますが、興味のある方は取り寄せたら良いと思います。

 この冊子は、本来Das Orchesterという月刊誌に付属しているものなので、単体で購入できるか定かではありませんが、一応連絡先を書いておきます。Das Orchesterも13マルク(約1000円)とそれほど高いものではありません。

編集-   Schott Musik International,  Mainz, Leserservice(注文受け付け)
                Carl-Zeiss-Strasse 1, D-55129 Mainz
                Tel.(06131)50 51 29
                ED 8572-01, ISBN 3-7957-0333-6


♪第53回ジュネーブ国際コンクール。対象: 声楽(女声は1965年9月1日以降、男声は1962
年同月日以降生まれの人)、クラリネット、ハープ(ともに1967年同月日以降生まれの人)。
8月24日から9月14日まで。申し込み締め切り: 5月31日。
        申し込み:Concours International d'Excution Musicale - CIEM,Sekretariat,
        104,rue de Carouge,CH-1205 Geneve, Tel.0041-22-328 6208,Fax 320 4366

♪第33回国際Jozsef Szigetiヴァイオリン・コンクール。9月9日から21日まで、ブダペスト。
対象:1964年1月1日以降に生まれた人。申し込み締め切り:5月1日。
        申し込み:Interart Festival-Center,Maria Liszkay,Budapest V.,Vorosmarty ter 1,H-1366 
        Budapest, Tel.0036-1-266 3108 または-117 9838, Fax 117 9910。 文中Vorosmarty のふた
        つの“o”の上にそれぞれドイツ語のウムラウトのように点をふたつ打って下さい。

♪第4回金管講習会。10月9日から12日、メールスにて。下記の各楽器のための講習会及び第
2回国際金管5重奏コンクール同時開催。編成:2トランペット、1ホルン、1トロンボーン、
1チューバ/バストロンボーン。
        課題曲:なし。30分の自由プログラム。申し込み締め切り:9月15日、要300マルク。
        申し込み: Internationale Blechblaesertage Moers, Niephauser Strasse 205, 47445 Moers
        Tel. 02841-763 33, Fax 714 73

♪第6回国際声楽マスターコース。講師:ワルター・ベリー。9月22日から26日、修道院
Walderbach am Regenにて。
        Info: Franz-Schubert-Gesellschaft Regensburg,Weinweg 11,93049 Regensburg,
        Tel.& Fax 0941-266 42

♪第9回ジャーマン・ブラス・アカデミー、5月15日から20日、クレーフェルト。金管楽器の
プロフェッショナルな技量を持った人を対象。
        Info:Ulrich Heimann,c/o Musikschule der Stadt Krefeld, Uerdinger Strasse 420, 
        D-47800 Krefeld, Tel. 02151-590 011, Fax 503 206

♪国際マスターコース。9月2日から14日、イッキング(ミュンヒェン)にて。ヴァイオリン
講師:Josef Sivo,Alexander Arenkowほか2名。芸術的舞台表現コース講師:マリア・タン
ホッファーほか2名。申し込み締め切り:6月15日。
        Info: PRJEKT TONHAUS E.V., Pfaffenleite 21, 82057 Icking bei Muenchen, 
        Tel.& Fax 08178-4426

♪第6回国際グリム兄弟音楽週間。シュタイナウ・アン・デア・シュトラーセにて。声楽講師:
ユリア・ハマリ、7月28日から8月10日。ピアノ講師:アナトール・ウゴルスキー、7月31
日から8月10日。
        Info: Organisationsbuero Brueder-Grimm-Musiktage, Brueder-Grimm-Strasse 
        47(Rathaus),36396 Steinau an der Strasse, Tel.06663-973 32, Fax -973 50

♪第4回国際秋期アカデミー、ベルン(ベルン・コンセルヴァトアール・マスターコース)。
ヴァイオリン(Igor Ozim 9/22-10/3)、チェロ(Bernhard Greehouse 9/22-27)、クラリネット
(Hans Rudolf Stadler 9/28-10/4)、声楽(ハンス・ホッター 9/30-10/9)の4コース。
        申し込み締め切り:6月30日。
        Info: Konservatorium fuer Musik und Theater, Sekretariat Meisterkurse, Kramgasse 36, 
        CH-3011 Bern(Schweiz), Fax 031-312 2053

♪第21回国際夏期講習会、室内楽。8月31日から9月21日まで、ニーダーザクセンにて。弦
楽器、管楽器、ピアノ(コンラート・リヒター他)。申し込み締め切り:5月15日。
        Info: Hochschule fuer Musik und Theater Hannover, Emmichplatz 1, D-30175 Hannover
        Tel. 0511-3100-220, Fax -200
        申し込む方は一つ下のものと混同されないよう注意して下さい。

♪第22回国際講習会。8月18日から30日まで、ゴスラーにて。テーマ:音楽的修辞法から音
楽言語へ。ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、クラリネット、ピアノ、オルガン、室内楽ア
ンサンブル。ワークショップ:修辞法、即興演奏、身体表現、弦楽器奏者のための声楽(?)。
        申し込み締め切り:6月1日、アンサンブルだけは5月15日。
        Info: Hochschule fuer Musik und Theater Hannover, Emmichplatz 1, D-30175 Hannover
        Tel.0511-3100-255, Fax -200
        申し込む方は一つ上のものと混同されないよう注意して下さい。

♪ウィーン・マスターコース。6月末から8月初旬にかけて。指揮者、声楽、コレペティトー
アのためのオペラ・スタジオ、声楽(ユリア・ハマリ)、ドイツリート、イタリアオペラ、
オペラとミュージカル、室内楽、ヴァイオリン、チェロ、ギター、ピアノ、ファゴット、20
世紀のピアノ曲の各種。
        Info: Winer Meisterkurse, Reisnerstrasse 3, A-1030 Wien, Oesterreich
        Tel. 0222-714 88 -22, Fax -21



このページに関するご意見ご要望は、E-Mailで katano@ccsj.comにどうぞ。

Cantano

片野耕喜 プロフィール

ボーイソプラノとして歌の勉強を始め、声楽を遠藤優子に師事。東京学芸大学教育学部音楽科卒、東京芸術大学大学院独唱科修了、ハンブルク・コンセルヴァトリウムを芸術家資格を取って修了、現在ブレーメン芸術大学古楽科に在籍し声楽を専攻。日本各地の他、ドイツ、オーストリア、イギリスでテノールソリストとして演奏する。北ドイツ放送(NDR)合唱団準団員。バッハ・コレギウム・ジャパン所属。同団体のプロジェクトとしてBISレーベルより、バッハ「ヨハネ受難曲」「カンタータ集」を録音。